MUSEO DELLA CINQUECENTO
PRODUCT LINE UP

LINE UP

SITE TOP | PRODUCT LINE UP

イタリアからチンクエチェントのクラシケ(※)を輸入・販売しています。
1957年から1975年まで生産された「NUOVA 500」と呼ばれるモデルになります。

(※)イタリア語でクラシック・カーの意味



ラインナップ・モデル別税込価格

2021年2月1日以降価格改定いたしました。

モデル / ラインナップ ① ベース ② スタンダード ③ フルレストア
FIAT 500
(500cc)
2,400,000円前後
(税抜価格:2,181,819円前後)
Lタイプ 2,790,000円
(税抜価格:2,536,364円)

Fタイプ 2,990,000円
(税抜価格:2,718,182円)
Lタイプ 3,490,000円
(税抜価格:3,172,728円)

Fタイプ 3,690,000円
(税抜価格:3,354,546円)
FIAT 500ev
(EV) ONE BATTERY
- - 5,060,000円
(税抜価格:4,600,000円)
(Fタイプ / Lタイプ共通価格)
FIAT 500ev
(EV) TWO BATTERY
- - 5,500,000円
(税抜価格:5,000,000円)
(Fタイプ / Lタイプ共通価格)
mCrt 600
(600cc)
- Lタイプ 3,490,000円
(税抜価格:3,172,728円)

Fタイプ 3,690,000円
(税抜価格:3,354,546円)
Lタイプ 4,190,000円
(税抜価格:3,809,091円)

Fタイプ 4,390,000円
(税抜価格:3,990,910円)
mCrt 650
(650cc)
- Lタイプ 3,590,000円
(税抜価格:3,263,637円)

Fタイプ 3,790,000円
(税抜価格:3,445,455円)
Lタイプ 4,290,000円
(税抜価格:3,900,000円)

Fタイプ 4,590,000円
(税抜価格:4,172,728円)

※ チンクエチェントには年代別で、Nタイプ(ヌォーヴァ)、Dタイプ、Fタイプ、Lタイプ、Rタイプ、Gタイプ(ジャルディニエラ:ステーションワゴン)の6タイプがあります。
※ FタイプとLタイプは当時の生産台数が多いこともあり、他のタイプと比べて多くの車両が現存しています。①ベース、②スタンダード、③フルレストアのいずれの車両もFタイプもしくはLタイプを使用しています。
※ 上記の価格は、現在のFタイプとLタイプの相場価格を基準に設定しています。
※ Nタイプ、Dタイプ、Rタイプ、Gタイプについては、ご相談ください。
※ お好みのボディーカラー・インテリアカラーにカスタムする場合は別途費用が必要となります。
※ チンクエチェント博物館では②スタンダード / 500ccを推奨しています。
※ 別途予備検査費用 ¥132,000(税込)が必要となります。
※ チンクエチェント博物館(愛知県名古屋市)渡しの価格です。
※ クラシックカーの為、保証は対象外となります。




STOCK CAR



ラインナップ


① ベース

日常的に走行している車両で、ボディーの状態が比較的良い個体を選んでいます。


② スタンダード

ボディーの状態が良好な個体のみを使用しています。
内外装パーツの多くを新品に交換しています。
エンジン、トランスミッション、足回り、ブレーキ等も熟練したメカニック アルド・グラッサーノが時間をかけて丁寧にメンテナンスしています。
チンクエチェント博物館ではこの500ccモデルを推奨しています。


③ フルレストア

ボディー全体を取り外し、新たに板金塗装しています。
エンジン、トランスミッション、足回り、ブレーキ等のメンテナンスを行い、クオリティの高い車両に仕上げます。
オーダーの場合、ベースのモデル(Dタイプ、Fタイプ、Lタイプ、Rタイプ、Gタイプ)、ボディーカラー、インテリアカラー等はご自由にお選び頂けます。※ 500evはFタイプ、Lタイプのみお選び頂けます。
オーダーの場合、ボディーのカスタムも対応可能です。(ロングサンルーフ、オーバーフェンダー等)※別途費用が必要になります。




モデル


ノーマルのエンジン排気量です。



チンクエチェント・クラシケを電気自動車にコンバートしました。
在庫車両以外はカスタムオーダーとなりますので、オーダーを頂いてから納車までの納期を約12ヶ月とさせて頂きます。
オーダーの場合、ベースのモデル(Fタイプ、Lタイプ)、ボディーカラー、インテリアカラー等はご自由にお選び頂けます。
オーダーの場合、ボディーのカスタムも対応可能です。(ロングサンルーフ、オーバーフェンダー等)※別途費用が必要になります。
価格は2種類のバッテリーサイズ(走行航続距離に関係)により異なります。
500evはクラッチペダル、シフトレバーの操作は必要ありませんので、AT限定免許で運転することができます。
バッテリーの充電は家庭用200Vに対応しています。(CHAdeMO等の急速充電には対応していません。)



チンクエチェント博物館の代表と30年以上の付き合いがある、チンクエチェント/アバルトのスペシャリスト アルド・グラッサーノとのコラボモデル。プロデュースしたチンクエチェント博物館が推奨するモデルです。 エンジン、トランスミッション、サスペンション、足回り、ブレーキ等はオーバーホールしています。 エンジンは下記のパーツを交換、ボアアップして600cにしています。

● ピストン、シリンダー ボアアップ キット
● カムシャフト
● アルミ製 オイルパン
● レコードモンツァ タイプ マフラー
● デロルト製  キャブレター 28-32
● バルブスプリング キット
● エンジン オーバーホール ガスケット
● ファイナル ギア交換

小気味のいいスポーツ走行感覚を楽しめます。



チンクエチェント博物館がプロデュースし、チンクエチェント/アバルトのスペシャリストである アルド・グラッサーノとのコラボで誕生したモデルです。 エンジン、トランスミッション、サスペンション、足回り、ブレーキ等はオーバーホールしています。エンジンは下記のパーツを交換、ボアアップして650ccにしています。

● ピストン、シリンダー ボアアップ キット
● カムシャフト
● アルミ製 オイルパン
● レコードモンツァ タイプ マフラー
● デロルト製  キャブレター 28-32
● バルブスプリング キット
● エンジン オーバーホール ガスケット

トルク重視モデルなので市街地をストレスなく走行できます。




STOCK CAR






NETWORK

NETWORK:チンクエチェント博物館

販売拠点

チンクエチェント博物館(愛知県名古屋市)


パートナー拠点

【クラシケディーラー】

車両の展示及び販売協力、アフターメンテナンスまで幅広く対応

ガレーヂ伊太利屋(東京都江東区有明)

フィアット岐阜(岐阜県岐阜市)

フィアット京都(京都府京都市)


【クラシケサービス】

アフターメンテナンスを中心に、きめ細かくサポート

ロッソカーズ(山形県鶴岡市)

トゥルッコ川口(埼玉県川口市)

スティルベーシック(静岡県静岡市)

トゥルッコ名古屋(愛知県名古屋市)

ベーシックベーネニワ(岐阜県可児市)

オートマイスター(大阪府大阪市)

カーショップトリミ(佐賀県三養基郡みやき町)



ARTISAN


ALDO GRASSANO
(アルド・グラッサーノ)

イタリアにて、チンクエチェント博物館の車両コーディネートや日本向け車両のメンテナンスを行うメカニック。 アバルト等のレースサポートも担当する。チンクエチェントとアバルトの第一人者であり、チンクエチェント博物館の代表とは30年来の付き合いがある。大の日本好き。





GIOVANNI GENTILE
(ジョヴァンニ・ジェンティーレ)

チンクエチェント博物館が提携するカロッツェリア代表。 イタリアにて、当博物館がプロデュースするフルレストア車両を手掛けている。


CONTACT

ご不明な点につきましては、下記までお問い合わせください。


〒467-0872 愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14-10
TEL : 052-871-6464
携帯 : 090-7048-5358
FAX : 052-882-1105


e-mail:fkz@museo500.com
担当:深津



CONTACT FORM


SHARE ON SNS



 FACEBOOK   TWITTER   INSTAGRAM   YOUTUBE