MESSAGE

チンクエチェント博物館の“動くモダンアート”


半世紀を超えて愛され続けるイタリアのクルマ、FIAT 500(愛称:チンクエチェント)。自動車という工業製品でありながら、アートの分野でも高く評価されている “芸術作品”です。
後世に残すべき文化的な遺産であるとの想いから、私たちは博物館として所蔵・展示するだけでなく、保護・保存にも力を入れてきました。その一環として、イタリアに現存する旧い車両をイタリアのカロッツェリアで “現役のクルマ”として再生させ、1人でも多くの人に乗っていだけるよう取り組んでいます。 イタリアで新たな命を吹き込まれ、日本に届く1台1台のクルマたち。 それは、旧いFIAT 500というクルマを、“芸術作品”を、未来に継承できる品質へとアップデートさせた“動くモダンアート”であると考えています。





いつもの移動が非日常になるクルマ、旧いFIAT 500


旧いFIAT 500に乗るだけで、過ごす時間も、窓外に流れる見慣れた風景も、非日常になる。いつもの移動が心弾むエンターテイメントになる。乗る人の価値観やライフスタイルまでも変えてしまう圧倒的な魅力を備えたクルマです。





LINE UP

オーナーの生き方に寄り添う1台を


旧いFIAT 500と過ごす日常。それは一人ひとりの生き方、価値観などによって異なるものです。そこで、さまざまなオーナーのライフスタイルや想いに応えるべく3つのカテゴリーを用意しました。
オーナーの個性と感性、こだわりでつくり上げるプレミアムな「ビスポーク」、クラシックカーの趣とスムーズな走りを楽しむ電気自動車「FIAT 500ev」。そして、家族のように、かわいいペットのように付き合える当博物館プロデュースの販売車両「ストラダーレ」です。







STOCK CAR

3月31日 更新:#112 Fタイプ ホワイトを追加いたしました。

3月31日 更新:#111 Fタイプを追加いたしました。

3月31日 更新:#110 Rタイプ ベージュを追加いたしました。

1月20日 更新:#109 Fタイプ(初期型)“8 BULLONI” ホワイトを追加いたしました。

1月20日 更新:#104 Fタイプを追加いたしました。

1月20日 更新:#108 Fタイプ ターコイズブルーを追加いたしました。





STOCK CAR

ABOUT US

約20年にわたり、チンクエチェント博物館の活動を共にしているメンバーです。
全員がイタリアに精通し、FIAT 500を深く愛しています。

「多くの人に、旧いFIAT 500と一緒に豊かな時を過ごしてもらいたい」
「旧いFIAT 500のようにシンプルだけど楽しい、 そんな生き方を大切にする人を増やしたい」
メンバー全員がその思いと情熱を持ち、活動に取り組んでいます。




代表 / 伊藤 精朗
SEIRO ITOH

35年以上前からFIAT 500に関わってきた。FIAT 500をクルマとしてだけでなく、芸術作品として、イタリア文化として愛しており、その魅力を語る活動を通して啓発にも力を入れる。 イタリアのFIAT 500 CLUB ITALIA日本支部の代表を兼ねる。

館長 / 深津 浩之
HIROYUKI FUKATSU

FIAT 500のみならず、イタリアのモーター事情にも精通している。年に何度もイタリアを訪れており、 チンクエチェント博物館主催のイタリア・ツアーなども担当。国内でのイベントもプロデュースし、全国のFIAT 500愛好家が集い、楽しむ場をつくり、盛り上げている。

イタリア代表
ANDREA FORTUNATO
アンドレア・フォルトゥナート
イタリアのジェノバ在住。FIAT 500に関するモノや情報は、オタクともいえる好奇心と洞察力でキャッチし、その中から厳選したものを日本に届けている。 チンクエチェント博物館主催ツアーでは現地コーディネートを担当し、参加者の楽しい思い出づくりをサポート。プライベートでもFIAT 500に乗り、大勢の仲間と楽しい日々を送る。 FIAT 500 CLUB ITALIA 黎明期メンバーでもある。

CONTACT

〒467-0872 愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14-10
TEL : 052-871-6464 FAX : 052-882-1105



プライベート博物館のため、ご観覧・ご来館は、毎週水曜日・土曜日(11:00〜16:00)のみとさせていただきます。
その旨ご理解いただき、ご観覧・ご来館を希望される方は事前に、こちらよりメールにてご連絡をお願いいたします。



CONTACT FORM


SHARE ON SNS



 FACEBOOK   TWITTER   INSTAGRAM   YOUTUBE